あむ

昼寝から覚めたあんちゃんが「あっ!」と言って本棚の上に向かって右手をあげました。
寝起きだというのにピカピカの笑顔。
どうしたのかと思ったら視線の先には「あむ」がいました。
本棚の下まで勢いよくかけていって、取ってくれとアピール。
取ってやると、表紙にチュウっと、くちづけ!
娘も「あむ」にひとめぼれしたようです。

a0139104_2255492.jpg

『あむ』
こどものとも2011年7月号
小風さち=さく
山口マオ=え
福音館書店






娘同様、わたしも本屋さんで「あむ」に出会った瞬間恋におちてしまいました。
表紙でじっとこちらを見つめる黒い犬。
かわいい顔をしているわけではないのに、
どうしてか目が離せなくなってしまったのです。
これは連れて帰らねば!

月刊絵本は全部買っていたのではきりがないから、
本屋さんで立ち読みしてこれはというものだけ買うと決めているのだけれど、
これは即買いです。
このタイトルに、この絵、そして作者はわにわにコンビだもの。
面白くないわけがありません。
その勘はもちろん当たりましたとも。
この夏のいちばんのお気に入りの絵本です。

おれのなまえをしりたいか?
おれは、あむ。
くろいぬ、あむ。
あとむで、あむだ。(本文より)


この一文で、もうやられてしまいます。しびれます!
小風さちさんのユーモアのある文章。
そして山口マオさんの生命力あふれる絵。
本全体からあむのパワーがあふれているようです。

絵本からあふれているのはあむのパワーだけでなく、夏の空気もです。
むっとした草いきれ、焦げるような日差し、潮のかおり、波の音。
今にも聞こえてきそうなのです。ザップンシャララ、インシャララ・・・と海の音が。


あむはマオさんの飼い犬だそう。
『わにわにのおでかけ』にも登場していますよ。
2010年10月号の母の友には、マオさんがあむを散歩している写真が出ています。
あむは後ろ姿だけですが、絵本のあむそのままといった感じ。
勢いよく走って、マオさんを引っ張っています。



1歳の娘にはまだまだ早いのですが、
ずっと抱きしめているものですから、一度読んでやったら、
じっとあむを見つめながら聞いていました。
おはなしはわからずとも、この絵本の勢いや面白さは伝わるのでしょうね。
娘といっしょに、はらはらしながらあむの冒険を応援する日がたのしみです。
[PR]
by kangaroo-books | 2011-08-24 22:52 | 【夏によみたい】本棚


<< 冬眠中です くだもの >>