カテゴリ:【チクタク・・・】の本棚( 6 )

百年の家

以前書いた(→)実家のリフォーム工事が終わりました。
施主である父の自慢は、気持ちの良い木の床と、広々としたデッキ、
薪ストーブのある土間、以前の家の太い梁がむきだしの2階。
工務店さんに頼んで、2階の壁は家族総出で珪藻土を塗りました。
もちろん、わたしも大きなおなかでがんばりました。
60年間、わたしたち家族を守り続け、少々くたびれていた家は、
元気に、頼もしく生まれ変わり、まだまだがんばってくれそうです。

百年の家 (講談社の翻訳絵本)

『百年の家』
J.パトリック・ルイス=文
ロベルト・インノチェンティ=絵
長田弘=訳
講談社


この物語の語り手は、家。
1656年に建てられた家は、いつの間にか人が住まなくなり、
誰にも知られぬままに、朽ちていました。
そして約250年後の1900年、子ども達に見つけられた家は、
改修され、ふたたび人が住みはじめます。

家は、家族を見つめます。
畑を耕し、作物を収穫するつつましやかな暮らし
復活祭のにぎわい
新しい家族をむかえる喜びと、見送る悲しみ
大きな戦争の苦しみと絶望

100年の歴史を見つめ、刻んできた家。
家は人が住んでこそ、生きることができ、
歴史を刻むことができます。
やがて1世紀の後、家はどうなったのでしょう。

そこに住む人々の暮らしが、小さな窓の中まで丁寧に描かれており、
なんだかのぞき見しているかのような気持ちになってしまいます。
だから、彼らのつつましやかな暮らしを邪魔してしまわないよう、静かに読みたい絵本。
素晴らしい絵はもちろんのこと、長田弘さんの訳した美しい詩にも息をのみます。





ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2010-07-23 14:48 | 【チクタク・・・】の本棚

ちいさいおうち

実家をリフォームすることになりました。わたしの生まれ育った家は、築60年余。
古民家と呼ぶにはまだまだ貫禄が足りないけれど、古い物好きのわたしは気に入っています。
はじめ、取り壊して新築をと考える父と母を説得して、リフォームをすすめたのは、
今では実家に住んでいないわたしと、弟でした。
幼い頃に、かくれんぼや探検ごっこで、ほとんど使っていない屋根裏に忍び込んだことのある
わたしたちは知っていました。屋根裏に立派な太い梁があることを。
建て直しと聞いた時、わたしたちが真っ先に思ったことは、あの梁がもったいない!でした。
わたしたちの力説の甲斐あって、梁むき出しの屋根裏は、床をはり直して、
天井の低い2階に生まれ変わり、わたしたちが遊びに行った時に泊まる部屋になるそうです。
梁にハンモックをかけようね、と弟とひそかに相談中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ちいさいおうち』  
ばーじにあ・りー・ばーとん=文と絵 いしいももこ=やく
岩波書店 

ちいさいおうち (大型絵本 (3))

むかしむかし、静かな田舎にちいさいきれいなおうちが建てられました。
この丈夫な家を建てた人は言いました。
「どんなに たくさんの おかねを くれるといっても、このいえを うることは できないぞ。
わたしたちの まごの まごの そのまた まごのときまで、
このいえは、きっと りっぱに たっているだろう。」
いなかの景色はすてきでした。
朝になるとお日さまがのぼり、夜になると月や星が輝き、
春にはりんごの花が、夏にはひなぎくが咲き、
秋には木々の葉が色を変え、冬にはあたり一面雪でまっ白になりました。
ちいさいおうちは、移り変わる風景を眺めながら、幸せに暮らしました。
ところが、時が流れ、ちいさいおうちのまわりはだんだんと変わっていきます。

バージニア・リー・バートンの絵本は、じっくりと絵を眺めるだけで幸せです。
ただ、絵本を読む時いつも思うことですが、誰かが読み聞かせてくれたらもっといいのに、
と大人らしくないことを望んでしまいます。
だって、文章を読んでいると、絵がじっくりと見られなくて、
絵をよく見ていると、おはなしが読めないんですもの。
じれったくなっちゃいます。

雑誌ku:nelの2005年1月号に、バージニア・リー・バートンが特集されていて、
ご本人の暮らしていたとても素敵な家や、絵本以外の作品も載っています。
興味のある方はぜひ、こちらも読んでみてください。


a0139104_2020226.jpg
 
 たとえば・・・
 ● 幼稚園での読み聞かせに向いている節分の絵本は?
 ● 絵本から読み物へのステップになるような本を探している
 ● あたらしい絵本の中からおすすめを教えて!       などなど 
 
 子どもの本に関することで、お困りのことがありましたら、
 なんなりとコメントに書き込んでください。できる限り、お答えします。


ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2010-01-13 20:53 | 【チクタク・・・】の本棚

絵とき ゾウの時間とネズミの時間

時間割、時刻表、タイムカード・・・6時起床、8時出勤、5時待ち合わせ・・・
わたしたちの生活は、時間によって区切られています。
そして、わたしたちは、時間の家来の時計に指示を出されているかのように、時計を見て行動します。
けれども、時間って一体なに?
たとえば、世界中から時計もカレンダーもなくして、時間という観念をなくしてしまったらどうなる?
それでも、やっぱり時間は流れます。
太陽が昇って沈んだら、次の日がきたことがわかるし、
季節がぐるっとめぐったら、次の年がきたことに気付きます。
それに、時間は人を子どもから大人へ変化させます。
考えれば、考えるほどに、時間とは不思議なものです。
そうこう言っているうちに、もうすぐ今年もおしまい。1年いろんなことがありました。でも、あっという間。
365日ってなんて長くて、短いんでしょう。毎年のことながら、驚いてしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『絵とき ゾウの時間とネズミの時間』  <ノンフィクション>
本川達雄=文 あべ弘士=絵 
福音館書店 (対象:中学年~)

絵ときゾウの時間とネズミの時間 (たくさんのふしぎ傑作集)

地球上には、いろいろな大きさの動物がいます。
大きくてゆったりしているゾウに、小さくてせかせかしているネズミ。
大きい動物も、小さい動物もみんな生きています。
動物は大きさによって、食べる量や、呼吸の回数が違うけれど、
一生の間に心臓がうつ回数はみんな同じ。

同じ著者による「ゾウの時間ネズミの時間」(中公新書)を
子どもにもわかりやすく、絵ときにした作品。
新書の方では、いまいち理解できなかったことも、
絵や図をまじえて説明されているこの本ではよくわかりました。

わたしたちは、人間が決めた時間の規則にしたがって、生活しています。
人間は、60秒が1分、60分が1時間、24時間が1日、365日が1年・・・
という単位で時間をとらえているけれど、それぞれの動物はそれぞれの時間を生きています。
どんな動物でも、一生の間に心臓がうつ回数は同じなのだそうです。
人間が、時計やカレンダーを作り出すより、はるかはるか昔から、
心臓が刻む時間は、それぞれの動物の中にあって、何があっても揺るがないのです。
生命は、すごく神秘的でありながら、まるで誰かの意思でプログラムされているかのように
精巧で、確実で、びっくりしてしまいました。


a0139104_2020226.jpg
 
 たとえば・・・
 ● 幼稚園での読み聞かせに向いているクリスマスの絵本は?
 ● 絵本から読み物へのステップになるような本を探している
 ● あたらしい絵本の中からおすすめを教えて!       などなど 
 
 子どもの本に関することで、お困りのことがありましたら、
 なんなりとコメントに書き込んでください。できる限り、お答えします。


ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2009-12-08 17:57 | 【チクタク・・・】の本棚

トムは真夜中の庭で

『トムは真夜中の庭で』  
フィリッパ・ピアス=作 高杉一郎=訳 岩波書店 




弟がはしかにかかったために、親戚の家にあずけられたトム。
ところが、おじさんとおばさんの家には、一緒に遊ぶ子どもがおらず、遊びまわる庭もありません。

退屈しきっていたトムは、真夜中に玄関ホールの大時計が13時をうつのを聞きました。
不思議に思い、時計を見に行ったトムが見つけたものは、
昼間にはなかったはずの広く美しい庭園でした。

毎晩のように、庭に出かけていくトムは、ハティという少女と友だちになります。
大時計が13時を打った時にだけトムの前に現れる庭とは?
そして、庭に現れる人たちの正体は?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時はみんなに共通な大きな流れだけれど、同時に人それぞれに個々の時を持っています。
たとえば、授業中の一時間はとても長いけれど、
友達とおしゃべりをしている一時間はあっという間というように。

時は本来、過去から未来への一方向にだけ流れるもの。
けれども、過去の出来事を思い出している時、
その人の時間は逆行しているかのように感じるものです。

そんな、とらえどころのない時の、不思議と魅力を存分にあじわうことができるファンタジーです。

 -想像力をもってしても、理性をもってしても、一番信じにくいことは、
   「時」が人間の上にもたらす変化である。
   子どもたちは、かれらがやがて大人になるとか、
   大人もかつては子どもだったなどと聞くと声をあげて笑う。 (本文より)


ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2009-08-08 23:38 | 【チクタク・・・】の本棚

せんねん まんねん

『せんねん まんねん』  
まど・みちお=詩 柚木沙弥郎=絵 理論社 




ヤシの実が地面に落ちると、その地響きでミミズが飛び出し、
そのミミズをヘビが飲みむ。
そのヘビをワニが飲み、そのワニを川が飲む。
そして、川の水はヤシの木の中を昇っていって、
ヤシの実の中で眠る。

ヤシ・ミミズ・ヘビ・ワニ・川
関係ないように思えるけれど、全てつながっている。
春夏秋冬。月の満ち欠け。朝昼夜。いのちの連鎖。
まだ、人がやってこなかったころから、ずっとずっと。
せんねん まんねん繰りかえされ、これからも続いていく、あらゆるもののつながり。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まど・みちおさんは、今年で100歳になられます。
『ぞうさん』『やぎさんゆうびん』『いちねんせいになったら』
など、だれもが口ずさんだ童謡も、まどさんが作られました。

ユーモラスで、あたたかみがあるまどさんの詩は、読むたびにほっとします。
そして、わたしの中で眠る純真無垢な子どもの部分を、トントンとやさしく刺激します。

千年万年を、長い短いと表現されるまどさんは、
ご自身の刻んでこられた百年という時間をどう表されるのでしょうか。
まどさん、まだまだ元気で、すてきな詩を作ってください。

★おはなし会で使う時には・・・
 中学年~
 落ち着いた雰囲気のおはなし会で。
 余分な言葉はさしはさまず、まどさんの力強い言葉を子ども達に聞かせてあげてください。

ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2009-08-05 16:26 | 【チクタク・・・】の本棚

しゃっくり1かい1びょうかん

『しゃっくり1かい1びょうかん ~こどものためのじかんのほん~』 
ヘイゼル・ハッチンス=作 ケイディ・マクドナルド・デントン=絵 
はいじまかり=訳 福音館書店 




1びょうかんって どんな じかん?
1秒間でできることは、ママのほっぺにちゅ、
なわとび1回ぴょん、体をくるっと1回転。
それじゃあ、1分間なら、なにができるかな?
1時間だったら?1日あったら?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「1秒間ってどんな時間?」
子どもにそんな質問をされたら、どう説明しますか?
わたしだったら、困ってしまいます。
大人にとって意識するまでもない常識を、
あらためて言葉で説明することはとても難しい。
しかも、子どもにもわかりやすく説明するとなると、もっともっと難しい。
この絵本は、それをいとも簡単にやってのけます。

1秒が積み重なって1分になり、さらに積み重なって1時間になり、
1日になり、1週間になります。
1年間も、10年間も、子どもが大人になるまでの時間も、
わたしの一生の時間も、全てが1秒の積み重ね。
大人にとって、そんなの当たり前なんだけれど、
あらためてそれに気づくことって、驚きであり、感動です。

こういう絵本を読むと、当たり前という言葉で片付けてしまっていることが、
実はすごーく大切なのだなと教えられます。

時計の読み方を覚えはじめた子と一緒に読んで、
親子で、時の不思議をたのしんでください。

★おはなし会で使う時には・・・
 低学年~
 「1秒だったら、あくびが一回できるよ!」とか、
 「1ヶ月だったら、本が100冊くらい読めるよ!」
 なんて、おもしろい答えが返ってくる時も。
 そんな時には、会話を楽しみながらも、横道にそれすぎないように、
 「そうだね!」「すごいね!」と短く答えながら進めていくといいでしょう。

ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2009-07-23 21:27 | 【チクタク・・・】の本棚