カテゴリ:-ごあいさつ ・ おしらせ( 5 )

冬眠中です

しばらくブログをお休みします。
あたたかくなる頃に再開するつもりです。
それまではぬくぬくと冬ごもりです。

春がくる前に目が覚めてしまったムーミンのように、
突然むくりと活動をはじめるかもしれませんが・・・

では、また!
[PR]
by kangaroo-books | 2011-11-19 08:30 | -ごあいさつ ・ おしらせ

1周年!!

スイカ、とうもろこし、かみなり様・・・気が付けばもう夏です。
前の記事を書いた頃は、まだゴールデンウィーク明けのけだるい春の空気が残っていたはず。
ブログをおやすみしている間に、季節がひとつ進んでしまいました。


この期間にわたしにも大きな変化がありました。
1ヶ月前に女の子を出産し、母になりました。
10ヶ月おなかの中にいたおちびさんが傍らにいる暮らしは、よろこびとおどろきの繰りかえし。
たのしい毎日を送っています。
これから彼女との絵本生活がはじまります。
1冊の絵本を親子で一緒に楽しめる時間は、そんなに長くはありません。
その期間に、絵本のたのしみを親子3人で存分に味わいたいと思います。
そして、これは親の勝手な願いですが、本好きな子になってくれるといいなと思っています。


さて、今日からぼちぼちと更新を再開しようと思います。
実は、カンガルーブックスは今日でちょうど1周年をむかえました。
ブログをはじめてなによりよかったことは、わたしと同じように子どもの本に魅せられて、
読むことを心から楽しんでいる方々に出会えたことです。
これまでに紹介した本は168冊。
わたしの拙い文章を読んでくださったみなさん、ありがとうございました。
どうぞ、これからもお付き合いくださいませ。
[PR]
by kangaroo-books | 2010-07-07 15:58 | -ごあいさつ ・ おしらせ

またまた、ひとやすみ

いきおいよく更新を再開したのに、諸事情によりまたまたしばらくおやすみすることになりそうです。

理由のひとつめは、急に里帰りが早まったこと。
本格的に里帰りするのはもう少し先の予定だったのですが、赤ちゃんがすこし小さめだとわかり、早めに実家に帰りのんびり過ごすことになりました。

ふたつめは、実家がリフォーム中でネット環境が悪いこと。
今はじめて携帯で更新しているのですが・・・疲れる。。。
もうしばらくしたら家が出来上がるので、更新はそれまでおやすみさせてください。

毎日やることがないので、近所の図書館で児童書をたんまりかりて読書三昧の日々です。
完全に仕事を離れての読書は、今までよりもさらに楽しく感じます。
次に本を紹介するときには、もっとのびのび書けそうな気がしています。
では、その日をたのしみに。

more
[PR]
by kangaroo-books | 2010-05-14 17:23 | -ごあいさつ ・ おしらせ

ひとやすみ

みなさん、ご無沙汰しております。
妊娠中でこんなに長くブログをさぼってしまうと、
読んでくださっているみなさんを心配させてしまいますね。ごめんなさい。

実は、体調面で事情があって書けないでいました。
というと、ますます心配をおかけしてしまうかもしれませんが、大したことではないのです。
おちびさんは順調に大きくなっています。わたしも、ごく健康なマタニティライフを送っています。
ただひとつ、前に『からだがかゆい』のところで書いた痒みがとてもひどくなってしまいまったのです。
妊娠性痒疹といって、2%くらいの妊婦がなるそうです。
首から下の皮膚は、自分で鏡を見るのも辛いほどになってしまっています。
原因もわからず、これといった対処法もないらしく、毎日毎晩「かゆいかゆい」と苦しんでいます。
皮膚は強い方で、今まで痒みで辛い思いをしたことがないので、これは結構こたえます。

けれども、おちびさんには何の影響もないらしいので、ほっとしています。
ただ産まれるまで、我慢するのみ・・・なのだとか。

そんなわけで、紹介したい本も、書きたいこともたくさんあるのですが、
とてもじゃないけれど、落ち着いて本を読んだり、文章を書いたりできる状態ではないのです。
今は久しぶりに少し症状がひいているので、PCにむかいました。
次はいつ書けるかわかりませんが、ブログをやめたわけではないのでまたのぞいてみてくださいね。

では、ひとやすみさせていただきます。
こんなこと書いたのに、すぐに治って3日後位に再開しているなんてことになるといいのですが・・・
あ~、落ち着いて本が読みたい!
[PR]
by kangaroo-books | 2010-04-11 19:59 | -ごあいさつ ・ おしらせ

はじめまして

はじめまして。カンガルーといいます。
子どもの頃から本が好きでした。
幼い頃は、毎晩、母に何冊も絵本を読んでもらい、
自分で読めるようになると図書館に通う毎日をおくりました。
子どもの本とずいぶん長いつきあいをした後、
純文学、推理物、エッセイ、ベストセラー、社会科学となんでも読みあさりました。

本に囲まれて仕事がしたいと思い、選んだ仕事は図書館司書。
仕事をはじめてから、久々に子どもの本に再会しました。

子どもの本の世界では、わたしが小さな頃に大好きだった、
うさこちゃん、だるまちゃん、がまくんとかえるくんコンビ、ぐりとぐら、
ばばばあちゃん、キキがまだまだ現役で子どもたちを楽しませていました。

そして、しばらく子どもの本を覗かないうちに、新しい人気者たちも増えていました。
まあちゃん、バムとケロ、わにわに・・・

仕事で膨大な子どもの本と接してみると、読んだことのない本で
子ども時代に出会いたかった!と思える本もたくさんありました。
くんちゃん、フランシス、コッコさん、パディントン・・・・

すばらしい、子どもの本の世界!
子どもの本の中には、よろこび、おかしみ、たのしみ、かなしみ、
やさしさ、きびしさ、夢、力・・・たくさんのものが詰まっています。

本を通して、すてきな出会いがありますように。
[PR]
by kangaroo-books | 2009-07-07 07:07 | -ごあいさつ ・ おしらせ