<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1月の読書メモ

1月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:452ページ

信州てくてくおいしいもの探訪信州てくてくおいしいもの探訪
高級なものばかりではないけれど、どれも手をかけ、時間をかけて作られたものばかり。こんなふうに丁寧に作られたものは信州に限らず、探してみれば日本全国いたるところにあるはず。こうやって真面目に、安全で美味しいものを作っている人を応援したい。
読了日:01月23日 著者:伊藤 まさこ
かぞえうたのほん (日本傑作絵本シリーズ)かぞえうたのほん (日本傑作絵本シリーズ)
(再読)スズキコージさんの講演会に参加するにあたり、久々の再読。声に出して読むと、テンションあがります、元気になれます。スズキさんご本人の朗読はサイコーに楽しかった!!
読了日:01月23日 著者:岸田 衿子
赤ちゃんごはん日記―「離乳食」はいらない赤ちゃんごはん日記―「離乳食」はいらない
ちゃんと食べてくれるかな、アレルギーがあったらどうしよう、などと考えすぎて離乳食を始める前から頭でっかちになっていた時に読んで、肩の力が抜けました。食事が楽しいのが一番。
読了日:01月23日 著者:向山 昌子
アトピーっ子も安心の離乳食―ママから取り分ける簡単レシピアトピーっ子も安心の離乳食―ママから取り分ける簡単レシピ
読了日:01月23日 著者:梅﨑和子

読書メーター

[PR]
by kangaroo-books | 2011-02-27 14:09 | -読書メモ

伝説の編集者ノードストロムの手紙

質問1:知っている作品がありますか?

「かいじゅうたちのいるところ」 「まよなかのだいどころ」
「うさぎさんてつだってほしいの」 「おやすみなさいおつきさま」
「ぼくにげちゃうよ」 「はなをくんくん」 「おやすみなさいフランシス」
「どろんこハリー」 「どうながのプレッツェル」 「木はいいなあ」
「おおきな木」 「シャーロットのおくりもの」 「スチュワートの大ぼうけん」
「ちっちゃなほわほわかぞく」 「ピーターのいす」 「こぐまのくまくん」
「はろるどとむらさきのくれよん」 「にんじんのたね」 「キスなんてだいきらいさ」


絵本好きな方からは、「これも、これも知ってる」と声が聞こえてきそうですね。
わたしも大好きな作品ばかりです。

では、質問2:これらの作品に共通することは?

答えは・・・
おっと、その前に本の紹介をどうぞ。

伝説の編集者ノードストロムの手紙––アメリカ児童書の舞台裏

『伝説の編集者ノードストロムの手紙 ~アメリカ児童書の舞台裏~
レナード・マーカス=編
児島なおみ=訳
偕成社


ノードストロムは、アメリカの子どもの本の編集者です。
伝説の編集者と呼ばれた所以は、ノードストロムが関わった作家をあげれば、
絵本好きな方にはお分かりいただけるはず。

マーガレット・ワイズ・ブラウン 、 モーリス・センダック
E.B.ホワイト 、 ガース・ウィリアムズ 、 ルース・クラウス
クロケット・ジョンソン 、 シャーロット・ゾロトウ
トミー・ウンゲラー 、 E.H.ミナリック 、 カーラ・カスキン
ラッセル・ホーバン 、 シェル・シルヴァスタイン
マーク・シーモント 、 ジャニス・メイ・ユードリイ
メアリ・チャルマーズ 、 クレメント・ハード 、 エドワード・ゴーリー

・・・まだまだいます!!

この錚々たるメンバーのほとんど全ての本を出版したのがノードストロムです。
この作家たちのほとんどはノードストロムと出会うまでは無名でした。
彼らはノードストロムに才能を見出され、励まされ、助言され、
すばらしい作品をともに作りあげて有名作家になっていったのです。
(ちなみに、わたしの大好きな作家シャーロット・ゾロトウは、
もともとはノードストロムの部下でした)

この本は、ノードストロムが作家にあてた手紙263通から成っています。
文面からは、わたしの大好きな絵本の数々が生まれるまでのいきさつが読み取れ、
本当にわくわくどきどきします。

500ページの長編です。
付箋をぺたぺた貼りながら、じっくりと読んでいますので、時間がかかりそうです。
読み終わるまでに、付箋だらけになってしまいそう^^
また読み終わった頃に、ご報告しようと思っています。
ノードストロムの出版した本も、あわせて紹介していくつもりですのでお楽しみに。
(現在ライフログにUPしている本は、全てノードストロムが編集したものです)


さて、質問2の答えはもうおわかりになりましたか?
答えは、「全てノードストロムが編集した作品」でした。
[PR]
by kangaroo-books | 2011-02-11 16:18 | 【子どもと絵本を知る】本棚