タグ:絵本:高学年~ ( 4 ) タグの人気記事

百年の家

以前書いた(→)実家のリフォーム工事が終わりました。
施主である父の自慢は、気持ちの良い木の床と、広々としたデッキ、
薪ストーブのある土間、以前の家の太い梁がむきだしの2階。
工務店さんに頼んで、2階の壁は家族総出で珪藻土を塗りました。
もちろん、わたしも大きなおなかでがんばりました。
60年間、わたしたち家族を守り続け、少々くたびれていた家は、
元気に、頼もしく生まれ変わり、まだまだがんばってくれそうです。

百年の家 (講談社の翻訳絵本)

『百年の家』
J.パトリック・ルイス=文
ロベルト・インノチェンティ=絵
長田弘=訳
講談社


この物語の語り手は、家。
1656年に建てられた家は、いつの間にか人が住まなくなり、
誰にも知られぬままに、朽ちていました。
そして約250年後の1900年、子ども達に見つけられた家は、
改修され、ふたたび人が住みはじめます。

家は、家族を見つめます。
畑を耕し、作物を収穫するつつましやかな暮らし
復活祭のにぎわい
新しい家族をむかえる喜びと、見送る悲しみ
大きな戦争の苦しみと絶望

100年の歴史を見つめ、刻んできた家。
家は人が住んでこそ、生きることができ、
歴史を刻むことができます。
やがて1世紀の後、家はどうなったのでしょう。

そこに住む人々の暮らしが、小さな窓の中まで丁寧に描かれており、
なんだかのぞき見しているかのような気持ちになってしまいます。
だから、彼らのつつましやかな暮らしを邪魔してしまわないよう、静かに読みたい絵本。
素晴らしい絵はもちろんのこと、長田弘さんの訳した美しい詩にも息をのみます。





ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2010-07-23 14:48 | 【チクタク・・・】の本棚

はるかな島

島を旅するのが好きです。
小笠原諸島、淡路島、島と島が橋でつながるしまなみ海道の島々、
南フランスの沿岸に浮かぶ自然豊かな小さな島・・・
今まで訪れたどの島にも共通することは、人が親切だということ。
海に囲まれた限られた空間で、代々助け合って生活してきたからでしょうか。
それとも、目の前に広がるはてしない海を見ていると、
いじわるな気持ちなんてふっとんでしまうのでしょうか。
わたしも、島に2、3日滞在すると、とても健やかな気持ちになります。
これから行きたいのは、礼文島、御蔵島、屋久島、
エーゲ海の島々や、コルシカ島にも行ってみたいなぁ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『はるかな島』 
ダイアン・ホフマイアー=文 ジュード・ダリー=絵
片岡しのぶ=絵 光村教育図書

はるかな島

昔、ひとりになりたいとひたすら願う男がいました。
航海中の彼が、船から飛びおり、たどり着いたのは絶海の孤島、
望みどおり、ひとりになったのです。
人と関わることをかたくなに拒み、孤独に暮らす不幸な男の心は、
だんだんと変わっていきます。
それは、まるで岩肌むき出しのさびしげな島が、長い歳月をかけて、
緑豊かな島へと変わっていく様子のようです。

何度目かに読んだ際に、ある時から島のてっぺんに掲げられる旗の存在に気付きました。
それは、おそらく男の母国の旗。
ひとりになりたいという男の態度とは裏腹に、心の奥底には故郷を思い続ける
人間らしい感情がずっと残っていたということなのかもしれません。

これは、16世紀に実際に起こったおはなしをもとに作られたそうです。
その舞台は、アフリカの西に浮かぶセントヘレナ島。
ここは本当に絶海の孤島で、地球上で他の陸地からの距離が2番目に遠い島だそうです。
16世紀にこのおはなしのモデルとなった不幸な男、ロペスがたった一人で開墾し、
緑豊かな島となったセントヘレナ島は、その約300年後に、ナポレオンの幽閉の島になります。
歴史とは、皮肉というか、面白いというか・・・


a0139104_2020226.jpg
 
 たとえば・・・
 ● 幼稚園での読み聞かせに向いている節分の絵本は?
 ● 絵本から読み物へのステップになるような本を探している
 ● あたらしい絵本の中からおすすめを教えて!       などなど 
 
 子どもの本に関することで、お困りのことがありましたら、
 なんなりとコメントに書き込んでください。できる限り、お答えします。


ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2010-01-19 20:18 | 【ある人生】の本棚

星の使者-ガリレオ・ガリレイ-

昨夜は、オリオン座流星群を見るために、夜の散歩にでかけました。
待つこと30分、2つの星が南東の空にキラリと流れるのを見ることができました。
家に戻るとふとんを窓辺に敷き、ゴロンと横になって、
天体観測を続けましたが、いつの間にか眠ってしまいました。
明後日くらいまで、見られるそうですよ。寝不足が続きそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『星の使者-ガリレオ・ガリレイ-』  
ピーター・シス=文・絵 原田勝二=訳 徳間書店 

星の使者―ガリレオ・ガリレイ

ガリレオの生涯を描いた、美しい絵本。
ガリレオといえば、地動説。
ローマ・カトリック教会による異端審問の後、つぶやいたといわれる言葉
「それでも地球は回っている」は、あまりにも有名です。
ガリレオの主張が正しかったと、ローマ教皇が誤りを認めたのは、350年後の1992年でした。

-科学においては、多くの人が信じているからといって正しいとはかぎりません。
  たったひとりの知性が、火花のようにきらめいて、真実をてらし出すこともあるのです。



今年は、ガリレオが天空に望遠鏡を向けてから、ちょうど400年にあたります。
長時間、星を眺めていると、オリオン座の位置がだんだんと移動して、
たしかに天が動いているような気がしてきます。
けれども、そう感じるのは、わたしたちのいる地球が動いているからだなんて、
なんと壮大で、信じがたく、神秘的なことでしょう。
でも、それが真実。ガリレオの知性が導き出し、生涯をかけて貫いた真実。
科学とは、ロマンのある学問だなと感じます。


ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2009-10-21 16:03 | 【ある人生】の本棚

ぜつぼうの濁点

『ぜつぼうの濁点』  
原田宗典=作 柚木沙弥郎=絵 教育画劇 




昔むかしあるところに、言葉の世界がありまして
その真ん中に、おだやかなひらがなの国がありました。
ある日の午下がり、この国にちょっとした椿事が生じました。

「や」行の町の道ばたに、「゛」と濁点だけが、ぽつねんと置き去りにされていたのです。
濁点だけでは、読むこともできません。
これは一体どうしたことか、「や」行の町の住人たちが、たずねてみたところ、
濁点は、身の上を語りはじめました。

濁点の主は、「ぜつぼう」でした。
濁点は、「ぜつぼう」の「せ」の字について、長年働いてきましたが、
主がいつももうだめだと頭をかかえる姿を見て、気の毒に思っておりました。

自分さえいなければ、「ぜつぼう」は「せつぼう」というそう悪くはない言葉になれるのに。
主がこうも不幸なのは、自分のせいに違いない。
思い悩んだ濁点は、「ぜつぼう」に自分をどこかに捨ててくれるよう頼みこんだのでした。


そして、「ぜつぼう」に置き去りにされた濁点は、新しい主を探します。
「このようなふつつかものではありますが、
どうかどなたか私を
もらってやってはくれますまいか」

ところが、言葉たちは誰も彼もが、濁点をもらうことを嫌がります。
絶望にくっついていたいまわしい濁点なんて、誰がほしいものですか。

さて、濁点の運命やいかに。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作家さんは、言葉の魔術師ですね。
「゛」を主人公におはなしを作ってしまうなんて。

たしかに濁点って不思議です。
カ行と、サ行と、タ行と、ハ行にだけ仕えることができて、
くっつくだけで、言葉を全く別の意味に変えてしまう。

蚊は、蛾に。
駒は、胡麻に。
へそは、べそに。
そして、切望は、絶望に。

そういえば、半濁点はもっと不思議ですね。
ハ行にしか仕えることができないのです。
出番はとても少ないのに、はんなりとしている「ハヒフヘホ」を、
たちまちに元気いっぱいの「パピプペポ」に変えてしまいます。
言葉って、面白いものです。


ここで、ひとつ、おはなしを。
原田宗典さんへのオマージュです。

ある日、陽気なカタカナの国で、椿事が起こりました。
右手に花束を、左手にケーキの箱を持った「パパ」が、
ハ行の町から、マ行の町へと走っておりました。
今日は、「ママ」の誕生日、もうすぐパーティーが始まりそうです。
「パパ」は、前ばかり見ていたので、ハ行の町と、マ行の町の境目で、
昼寝していた「ホウキ」につまずき、足がもつれて転びそうになりました。

「おっと、あぶない、あぶない。ケーキを落っことすところだった」

「ママ」のところまでは、あと少し。「パパ」は再び走り出しました。
ところが、うっかり者の「パパ」は気付いていなかったのです。
つまずいた時、「ホウキ」の傍らに「゜」を2つ落としてきたことを。

「ママ」の誕生日パーティーにたどり着いた「パパ」は、「母」になっておりましたとさ。
とっぴんぱらりのぷう。


タイトルは・・・何がいいかな?
『パパの半濁点』 いまいち響きがよろしくない。
『パパの゜』 タイトルから、おはなしが憶測できちゃう。
『パパがママになっちゃった』『ママがふたり』 全然違うストーリーを想像しちゃいますね。

とりあえず、『無題』で。カンガルー作でした。

★おはなし会に使うには・・・
 高学年~
 おはなしと、柚木沙弥郎さんの絵のおかしみが通じるのは、少し大きな子からです。
 中学生、大人向けのおはなし会でも。

ブログランキングに参加中。クリックおねがいします!
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

[PR]
by kangaroo-books | 2009-08-26 21:05